ΣΤΟΙΧΕΙΑ
― 西洋古典原論 ―


PROFILE


Author:兎狐
自然栽培農家。のら仕事に出ているので更新はまちまち。
RSS1.0

CATEGORY


  • 『ラテン語動詞の完了幹形成法』 (1)
  • 『フランス語動詞の活用の覚え方』 (2)
  • 『ラテン詩の規則』 (1)
  • 名詞 〔曲用〕 (2)
  • 名詞 〔接尾辞〕 (1)
  • 名詞 〔第3変化名詞〕 (1)
  • 形容詞 〔接尾辞〕 (1)
  • 副詞 〔接尾辞〕 (2)
  • 動詞 (5)
  • 動詞 〔完了幹〕 (3)
  • 動詞 〔完了分詞幹〕 (7)
  • 接頭辞 (5)
  • yomimono (7)
  • ローマ帝国の歴史 (1)
  • ドロア (2)
  • ドロア(『ラテン詩の規則』専用) (4)
  • ストバイオス (1)
  • yomimono


  • キケロー『カティリーナ弾劾演説』
  • プラトーン『ソークラテースの弁明』
  • セネカ『ルーキーリウス宛第7書簡』
  • ストバイオス『精華集』
  • Main Article


  • + ラテン語動詞の活用

    —– 活用早見表 (埋め込みPDF)

    —– 活用練習帳 (埋め込みPDF)


    + ラテン語動詞の完了幹形成法

    —– I. s-完了幹


    + ラテン詩の規則

    —– ウェルギリウス『アエネーイス』に学ぶラテン詩の規則 


    + フランス語動詞の活用の覚え方

    —– 1. Groupe A

    —– 2. Groupe B




  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    【--/--/-- --:--】 スポンサー広告




    セネカ 第7書簡
    セネカの「ルーキーリウス宛ての手紙」 (Epistulae ad Lucilium) はその内容から「道徳書簡」とも呼ばれます。その全124通からなる書簡集の中から有名な "homines, dum docent, discunt" の格言が含まれる第7書簡を読んでみようと思います。

    テキストは OCT の Reynolds による校訂本で読みますが、著作権上微妙なのでここでは Perseus に上がっている Gummere の校訂本を利用します。(※訳文にカーソルを合わせると文法解釈にジャンプします)



    ルーキーリウス宛 第7書簡

    [1] (1) 君は、これこそ自分は恐れなければならないと言えるものを探しているのですね。それは大衆です。 (2) まだ君は恙(つつが)無くそれに関われていないのです。 (3) そういう私も自分の弱さを認めなければなりません。というのも、私は決して出掛けた時の心の状態で帰ってくることがないのですから。 (4) 整頓されたものの中のあるものが掻き乱され、排斥したものの中から何かが戻ってくるのです。 (5) 長期間衰弱している病人がどこかに連れ出されると必ず悪影響を被るものでありますが、その病人に忍び寄るところのもの、それと同じものが、長の病から回復しつつある我々の心にもたらされるのです。 [2] (1) - (2) - (3) - (4) - [3] (1) - (2) - (3) - [4] (1) - (2) - (3) - [5] (1) - (2) - (3) -
    [6] (1) - (2) - (3) - [7] (1) - (2) - (3) - [8] (1) - (2) - (3) - [9] (1) - (2) - (3) -
    [10] (1) - (2) - (3) - [11] (1) - (2) - (3) - [12] (1) - (2) - (3) -




    [1]

    (1) Quid tibi vītandum praecipuē existimēs, quaeris? Turbam.
    「何を君にはとりわけ恐れるべきであると君がみなせばよいのかと君は問うているのか。大衆である。」


    Quid : quis {neut. sg. acc.} 間接疑問文を導入する。vitandum の目的語。 / tibi : vitandum の意味上の主語 / vītandum : (gdve.) 「恐れるべき」 / praecipuē : (adv.) 「とりわけ」 / existimēs : existimāre {pres. subj. 2sg.} w. indir. qu. (OLD s.v. 2c) 「判断する」 / quaeris : quaerere {pres. ind. act. 2sg.} 「探る、問う」 / Turbam : turba ~ae, f. 「大衆」


    (2) Nōndum illī tūtō committeris.
    「まだ君はそれに安全に繋がれていない」


    nōndum : 「まだ~ない」 / illī : ille {fem. sg. dat = turbae} /tūtō : 「安全に」 / committeris. : committere {pres. ind. pass. 2sg.} 「繋ぐ」


    (3) Ego certē confitēbor inbēcillitātem meam: numquam mōrēs, quōs extulī, referō.
    「少なくとも私は自分の弱さを認めようと思う。というのも、私は決して持って出たところの心の状態を持ち帰ることがない。」


    Ego : 主語の「君」から「私」への移り変わりを明示する / certē : 「少なくとも」 / confitēbor : confitērī {fut. ind. dep. 1sg.} 「認める」 / inbēcillitātem : 「非力、虚弱さ」 / meam : 「自分の」 / numquam : 「決して~ない」 / mōrēs : mōs mōris, m. {pl. acc.} mōs は複数で「性格、特徴、徳」といった意味。 / quōs : {masc. pl. acc. = mōrēs} efferre の対格目的語 / extulī : efferre {pf. ind. act. 1sg.} 「~を運び出す、持って出る」 / referō : referre 「~を運び戻す、持ち帰る」


    (4) Aliquid ex eō, quod conposuī, turbātur; aliquid ex iīs, quae fugāvī, redit.
    「私が整えたものの中のあるものがかき乱され、私が排斥したものの中のあるものが戻ってくる。」


    aliquid : turbatur の主語。「あるもの」 / ex eō : is ea id {neut. sg. abl.}, aliquid を修飾。「それに由来する(あるもの)」 指示代名詞の内容は続く関係節で規定される。 / quod : qui quae quod {neut. sg. acc. = id} eo を先行詞とする。 conponere の対格目的語。 / conposuī : componere {pf. ind. act. 1sg.} 「構成する」 / turbātur : turbare {pres. ind. pass. 3sg. = aliquid} 「かき乱す、混乱させる」 / ex iīs : {neut. pl. abl.} / quae : {neut. pl. acc. = eos} / fugāvī : fugare {pf. ind. act. 1sg.} 「排斥する」 / redit : redire {pres. ind. act. 3sg.} 「戻ってくる」


    (5) Quod aegrīs ēvenit, quōs longa inbēcillitās usque eō adfēcit, ut nusquam sine offēnsā prōferantur, hoc accidit nōbīs, quōrum animī ex longō morbō reficiuntur.
    「長期にわたる虚弱が危害なしには何処にも連れ出されなくなるほどに至らしめたところの病人に忍び寄るところのもの、それと同じものが、その心が長の病気から回復しつつある我々に起こるのである。」


    quod : hoc に対応. evenit の主語. / aegrīs : aeger, ~gris, m. {pl. dat} 「病人」 / ēvenit : evenire {pres. ind. act. 3sg. = quod} 「生じる、起こる」 / quōs : (rel. pron.) qui quae quod {masc. pl. acc. = aegrōs} adfēcit の直接目的語。この関係文は結果文として読む。 / longa inbēcillitās : 「長い虚弱」 / usque eō : usque eo . . ut 「それほどまでに . . する」 (OLD s.v. usque 8) / adfēcit : afficere {pf. ind. act. 3sg. = longa inbecillitas} 「ある状態におく」 / ut : usque eo に対応 / nusquam : 「どこにも~ない」 / sine : (prep. w. abl.) 「~なしに」 / offēnsā : offensa ~ae, f. 「危害、損害」 cf. offendere 「ぶつかる」 / prōferantur : proferre {pres. subj. pass. 3pl. = aegri} 「前へ運ぶ、前進させる」 / hoc : quod に対応. accidit の主語 / accidit : accidere {pres. ind. act. 3sg. = quod} 「起こる」 / nōbīs : aegris と対応 / quōrum : {masc. pl. gen. = nostri} / animī : animus ~i, m. {sg. loc.} 「心」 / ex longō morbō : 「長の病気から」/ reficiuntur : reficere {pres. ind. pass. 3pl.} 「元に戻す、回復させる」


    [2]

    (1) Inimīca est multōrum conversātiō; nēmō nōn aliquod nōbīs vitium aut commendat aut inprimit aut nēscientibus adlinit.
    「」


    : /


    (2) Utique quo maior est populus, cui miscemur, hoc periculi plus est.
    「」


    : /


    (3) Nihil vero tam damnosum bonis moribus quam in aliquo spectaculo desidere.
    「」


    : /


    (4) Tunc enim per voluptatem facilius vitia subrepunt.
    「」


    : /


    [3]

    (1) -
    「」


    : /


    (2) -
    「」


    : /


    (3) -
    [4]

    (1) -
    「」


    : /


    (2) -
    「」


    : /


    (3) -
    「」


    : /


    [5]

    (1) -
    「」


    : /


    (2) -
    「」


    : /


    (3) -
    「」


    : /


    [6]

    (1) -
    「」


    : /

    (2) -
    「」


    : /

    (3) -
    「」


    : /


    [7]

    (1) -
    「」


    : /

    (2) -
    「」


    : /

    (3) -
    「」


    : /


    [8]

    (1) -
    「」


    : /

    (2) -
    「」


    : /

    (3) -
    「」


    : /


    [9]

    (1) -
    「」


    : /

    (2) -
    「」


    : /

    (3) -
    「」
    [10]

    (1) -
    「」


    : /

    (2) -
    「」


    : /

    (3) -
    「」


    : /


    [11]

    (1) -
    「」


    : /

    (2) -
    「」


    : /

    (3) -
    「」


    : /


    [12]

    (1) -
    「」


    : /

    (2) -
    「」


    : /

    (3) -
    「」


    : /



    【2014/07/29 01:12】 yomimono | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)




    この記事に対するコメント


    この記事に対するコメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する


    この記事に対するトラックバックトラックバックURL
    →http://fennecc.blog.fc2.com/tb.php/42-b3af23c8

    TOPへ


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。